ご夫婦で通われている患者様(W様 80歳)

昨年までは、仲良く揃って施術を受けに来ていらっしゃいまして、とても仲の良い様子に微笑ましく思っていたW様のご主人様が他界されました。
W様は、ご主人の亡くなる16日前から自宅で看護されていたそうで、最期は、ご主人の手をギュッと握り、「好きだよ」と伝えると、ご主人も「だ~い好き!」と返して手を強く握り返してくれたそうです。

その後、ご主人は「(先に逝く)僕を許してね」とおっしゃったのだそうです。素晴らしい夫婦愛!

ガンを患い、認知症も進んでいたというご主人、人生の最期に最愛の人にきちんと別れを告げて旅立って行けるなんて、素晴らしいな、かっこいいなと思いました。
人生の締めくくりをこんな風に出来たら素敵だな、そして改めてこのご夫婦に出会えて本当に良かったとしみじみと感じました。

ご冥福をお祈りいたします。


体が重くて、歩くことが辛いと悩まれていたW様(80歳)ですが、当院に通われて同年代の中では早く歩くことが出来るまで良くなられました。
今後も身体の不調だけでなく心の悩みなど、可能な範囲でサポートさせていただければと思います。